お金が足りない!借金したいならまずは大手から選びましょう

どうしてもお金が足りなくて即日借金したいという時、その理由は人それぞれと言えるでしょう。今すぐ借りたい方は、スマホやパソコンから全国どこからでも借金が可能で、安心できる大手のサービスで借入可能か3秒診断をしてみるのがおすすめです。

安心してなるべく早く借金したいならまずはプロミス!

借り入れ可能か簡単3秒診断が人気

 

 

(無利息サービスの詳細はプロミス公式サイトでご確認ください)

おすすめポイント

来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング
土日祝日24時間申込可能
スマホやパソコンから最短1時間融資のスピード感
1万円から借入可能な安心の大手

 

 

お金を借りたい人とその理由

例えば借金したいと考える人が以下の場合である場合、借金したい理由はそれぞれに違って来ると思います。

  • 社会人
  • 学生
  • 無職の人
  • 主婦

それぞれ立場の違う人がお金が必要と思う理由は当然違っているはずですよね。ココではそれぞれの人の借金したい理由について紹介していきます。

 

社会人が借金したい理由とは

社会人なら土日などの休日だけでなく、平日に仕事をしている時であっても借金したいと思うことはあるでしょう。

 

社会人が借金したいと思う時、その理由や使い道として考えられるのはこのようなことでしょう。

  • 急に出張が決まり立替えの費用を借金したい
  • 同僚との飲み代を借金したい
  • 借金して楽天カードの利用代金を支払いたい
  • パチンコで無駄遣いしたお金の補てんに借金したい

社会人は公私ともにお金が必要になることが多いので、常にカレンダーを見て次の給料日までの日数を数えているという人もいることでしょう。

 

学生が借金したい理由とは

「学生は勉強が本分」と言われたのは遠い昔のことであり、今は学生もアルバイトをして自分自身で必要なお金を稼ぐのが普通になっていますよね。

 

それでもお金が足りない時には借金したいと思うこともあるでしょう。学生が借金したい理由も以下のように多様化していると言えるでしょう。

  • バイトの給料日前だけど学生仲間と旅行に行きたい
  • 今月は借金しないと奨学金だけでは生活がキツイ
  • 大学の勉強でバイトができずお小遣いが不足している
  • 学生でもエステに行きたい

学生が借金したい理由は人により色々であり、違ったお金の使い道が予想されますよね。

 

無職の人が借金したい理由とは

無職の人が借金したい理由は他の人以上に多いと言えるかも知れませんね。

 

ですが無職でも生活できるのは実家に住んでいたり、生活保護を受けているからという場合も多く、その点ではあるいは他の人よりもお金に困っていない可能性もあるでしょう。

 

それでも無職の人が借金したいと思う理由には以下のようなことがあるかも知れませんね。

  • 無職でも賃貸アパートで一人暮らししたい
  • 無職のため住民税の支払いができない
  • 無職旅の費用を借金したい
  • スマホ代の支払いで借金したい

住民税の支払いについては前年度の所得に対して課税されるため、現在は無職であっても前年は仕事をしていたという場合には、その分に対する住民税は支払わなくてはいけません。

 

その際に支払うお金がなければやはり借りるしかないでしょうね。

 

主婦が借金したい理由とは

主婦が借金したいと思う時、その理由は社会人と同じに多くのことが考えられるでしょうね。

  • 内職しても不足する生活費の工面で借金したい
  • 主婦業と両立しながら資格を取るための費用を借金したい
  • 妊娠・出産費用の準備に借金したい
  • 子供の保育料が足りない!次の給料日まで借金したい

このようなことが考えられますが、時には旦那さんに内緒で借金したいということもあるでしょう。そんな時には事情により配慮をしてくれるような借入先を選択する必要もありますよね。

 

お金がなくて困った、即日できる借金の仕方が知りたい!

お金がなくて困っている時には、とにかく即日で借金したいと考えることでしょう。
それならば即日での借金の仕方を知る必要もありますね。
そのためには、以下のことを知る必要もあるんです。

  • 借金のやり方
  • 借金できる所

以下では上記2つについて紹介していきますね。

 

借金のやり方は主に4つ

借金のやり方について紹介すると、主に4つあります。

  • 手渡し
  • 振り込み
  • 来店
  • ネット

このようなことが挙げられますが、借金するならこの中から目的に応じた借金のやり方を選択する必要がありますので、以下で1つずつ説明していきますね。

 

手渡しで借金するやり方

必要なお金を直接手渡しで借金したい時もありますよね。その場で必要なお金を手にすることができれば、直ぐにでも目的のためにお金を使うことができるでしょう。

 

そのため、とにかく今すぐ借金したお金を使いたいなら、手渡しで借金する方法はおすすめできます。

 

振り込みで借金するやり方

振り込みで借金する場合には、お金を貸してくれる相手が近くにいなくても借入れができるというメリットがあり、即日で借金したいという時でも利用できる借金の方法と言えるでしょう。

 

ただし振り込みで即日借金するなら、銀行が振り込みの受付けをしている時間内に手続きをしてもらう必要があるので、それほど時間に余裕を持てないことはデメリットと言えるかも知れません。

 

来店で借金するやり方

来店で借金する方法と言えば、金融機関でキャッシングするということになりますが、具体的には2つのやり方がありますよね。

  • 店頭窓口で現金を借りる
  • 店頭のATMで借りる

この場合、店頭まで足を運び申込みから借金まで全てを済ませることは可能ですが、知り合いに見られてしまうというリスクもあることはあると言えるでしょう。

 

その場合には店頭ではなく他の方法でのキャッシングの仕方を選択することもおすすめです。

 

ネットで借金するやり方

ネットで借金するやり方は来店で借金するやり方と似ていますが、以下のような手続きが可能になっています。

  • 申込み
  • 必要書類の提出
  • 振り込み依頼

ネットを利用すれば申込みは24時間365日可能ですし、利用する金融機関によっては自分の都合の良いタイミングでネットで振込みにより借入れできる場合もあるのです。

 

借金できる所は主に6つ

どうしてもお金が足りなくて最終的にどこかで借金するしかないという時、借金できる所は主に6つとなっています。

  • 親や兄弟
  • 友人
  • 会社
  • 銀行
  • 消費者金融のカードローン

上記の内、どこで借金したいかにより借金のやり方は大きく違ってくるんです。

 

親や兄弟から借金するなら振り込みか手渡し

親や兄弟から借金するなら振り込みで即日借りることも可能でしょう。

 

そして実家に住んでいる、または近くに住んでいる場合には現金を手渡しで借金することもできるかも知れません。

 

ですが親や兄弟にも生活があるので、いつも借金できるとは限りませんよね。その場合には他の借金の方法を考える必要があるでしょう。

 

友人から借金するなら手渡しがおすすめ

どうしても今すぐ必要なお金がある、それでも次の給料日まではどうにもならないということもありますよね。

 

そんな時には給料日には必ず返すという約束で友人から借金する場合もあるでしょうね。

 

その場合、遠くに住んでいるなどの理由でなかなか会うことができないのであれば話は別ですが、近くにいる友人ならば基本的には直接相手の顔を見て借金を申し込むのがおすすめです。

 

そして直接手渡しで借金することでお互いの気持ちが通じ合い、借金が原因で友人関係にキズがつくことのないようにする最善の方法と言えるでしょう。

 

会社から借金するなら振り込みがおすすめ

会社から借金するやり方については、それぞれの会社によって方法が違っているのが普通ですね。

 

会社に借金したい旨を伝えた時、会社によっては現金を直接手渡しで貸してくれる場合もあると思いますが、通常は給料の前借りということで同じ口座に振込みされることが一般的と言えますね。

 

また手渡しで借金する場合、同僚の目が気になるということもあるでしょう。その場合には振り込みしてもらうのがおすすめとなります。

 

国から借金するなら振り込み、ただし即日は難しい

国の貸付制度を利用して借入れすることができる場合もありますが、その場合の借金の方法は振り込みとなっているんです。

 

ただしその他の借金のやり方とは違い、即日でお金を借りることは難しいので余裕を持って申込みする必要があります。

 

銀行で借金する場合、即日振込みは難しい場合も

銀行で借金したい時に即日振込みを希望する場合、銀行によっては預金口座がないと即日で借入れできないことが多いです。

 

また口座がなくても即日借入れできる銀行であっても、平日14時頃までに手続きが完了しないとやはり当日中の借金が難しくなるんです。

 

消費者金融のカードローンならキャッシングの仕方はとても多い

消費者金融のカードローンはならば店頭での手渡しはもちろんですが、振込みや来店による自動契約機の利用、ネットでの振込み依頼など、とても多くのやり方で借金することが可能です。

 

そのため銀行よりも即日で借金できる確率が高くなり、どうしても今日中にお金が必要という時にも、キャッシングの仕方はいくつもあるので心強いですよね。

 

借金したいのにできない!貸してくれない理由は何?

親や兄弟に借金したいと頼んだのに断られたという人もいると思います。身内から借金できない場合、今度は友人や会社、国、銀行、消費者金融のカードローンなどの内、いずれかに頼ることになるかも知れません。

 

それでも特に銀行や消費者金融のカードローンなどで借金したい場合には、時には審査が通らないことで借入れできないこともあるのです。

 

銀行や消費者金融のカードローンでお金を貸してくれない理由を挙げるならば、以下のことが考えられます。

  • ブラックになっている
  • 無職で安定した収入がない
  • 多重債務者である
  • 未成年である

金融機関がお金を貸してくれないということは、審査が通らないということを意味しているのです。

 

ブラックになっている

銀行や消費者金融のカードローンで借金したい時には、信用情報にキズがついていないことが大前提となるため、ブラックになっていることが理由で審査が通らないことは多いです。

 

ブラックとはいわゆるブラックリストに載るということであり、過去の返済の長期延滞や一時期にいくつものカードローンに申込みしたなどの記録が一定期間信用情報に残るため、審査が通り難くなることを言います。

 

無職で安定した収入がない

金融機関で借金したいならば、安定した収入があることが条件となっているんです。

 

そのため無職の人は安定した収入を得ることができないため、審査が通らない可能性が高くなりますので、銀行や消費者金融はお金を貸してくれないと思っていた方が良いでしょう。

 

ただし専業主婦や年金受給者の場合には、借金できる場合とできない場合があるので、申込みの金融機関にもよると言えるのです。

 

多重債務者である

多重債務者とは複数の金融機関で借金をしている人のことを言いますが、金融機関では返済の見込みのない人には決してお金を貸してくれないのです。

 

複数の金融機関から借金している人は毎月の返済が困難となっている可能性が高いため、お金を貸しても返してくれないかも知れないと判断されてしまいます。

 

そのため審査が通らず銀行や消費者金融がお金を貸してくれないということになるのです。

 

未成年である

金融機関では未成年にはお金を貸してくれないことが普通となっています。

 

法律では未成年者の取交した契約は保護者が取消しすることができるようになっているため、銀行や消費者金融では20歳以上の人にしかお金を貸してくれません。

 

ただし20歳以上であるならば学生でも借金することは可能です。もちろんその場合にはアルバイトなどの安定した収入があることが条件となりますが、そのどちらの条件も満たすことができれば、社会人でなくてもキャッシングの仕方を知っている人ならば借入れは可能です。

 

更新履歴