フリーターやアルバイトが借金したい理由とは

フリーターやアルバイトでも安定しているとは言えなくても毎月一定の収入があるという人は多いでしょう。また正社員でなくても生活していけるだけのお金を稼ぐことは可能であり、敢えてフリーターを通しているという人もいますよね。

 

ですがそれでも何か特別なことが起きるとお金が足りなくなり、金融機関から借金したいと考えることもあるでしょう。

  • 引越し費用が足りない
  • 車の修理費用を捻出したい
  • 急病やケガで入院した
  • どうしても欲しい物がある

このような理由がある時には毎月稼いでいるお金では足りないこともあり、誰にも借りることができない場合にはキャッシングに頼るしかないということもありますよね。

 

それでもフリーターやアルバイトだと何処でも借りれないのではないかと心配になることもあるでしょう。コチラでは上記のような困った事態が発生した時に借金する方法について紹介しています。

 

フリーターやアルバイトでも借金できる所は意外にも多い

【参考:アルバイト・パート・フリーターでも通るカードローンならここ!

 

フリーターやアルバイトだと借金したい時にお金を貸してくれるところは少ないのでは?と思うかも知れませんが、実は一定の収入がある人ならば借金できる場所は意外にも多いのです。

  • 銀行
  • 大手消費者金融
  • 街金

このように主に3つの選択肢があるので、フリーターやアルバイトだからと金融機関からの借金を諦める必要はないと言えるでしょう。

 

急ぎで借金したいなら大手消費者金融がおすすめ

急にお金が必要になったという時、フリーターやアルバイトの人なら銀行よりも大手消費者金融の方が便利と言えるかも知れません。

 

大手のキャッシングサービスなら審査は最短30分、融資までは最短1時間となっている上に、銀行よりも審査内容が少しだけ柔軟になっているのです。

 

そのため銀行は敷居が高いと感じている人も含め、消費者金融から借金することはおすすめとなります。

 

カードローンの審査ではどんなことがチェックされる?

フリーターやアルバイトでも金融機関から借金する方法はあると言われても、本当に審査が通るのか不安と思っている人もいると思います。

 

審査では多くの項目がチェックの対象となっているのですが、例えば以下のような項目があるんです。

  • 年収
  • 勤務先の情報
  • 勤続年数
  • 現在の借入状況

審査では多くの項目の中でも上記のことが重要視されていて、その内容によっては審査が通らない・借入限度額が減額されるなどの影響がある場合もあります。

 

それでも年収が少ない・勤務先が大企業でない・正社員ではないという場合でも、毎月安定して収入があれば審査が通らないという心配は少ないです。

 

ただし現在いくつかの借入れがある場合には、審査で不利になる可能性があるため、借入れの数を減らしておくことがおすすめとなります。