借金できる所は人により異なる

どうしても借金したい時に借金できる所とは、実は人によって異なっているんです。

 

誰もが同じ所で借金できるという訳でなく、その人の職業や年齢、年収などによっても借入れできる金融商品が決まってしまう場合もあります。

 

ココでは人により異なる利用可能なカードローンについて紹介していきます。

 

銀行カードローンが利用できる人とは

銀行カードローンは消費者金融の利用で関係してくる総量規制という法律の対象から外れていることから、多くの人が利用可能となっているのです。

  • 社会人や公務員
  • パートやアルバイトをしているフリーター
  • 専業主婦や収入のある主婦
  • 20歳以上のアルバイトをしている学生
  • 年金受給者

上記のように銀行は多くの人が借金できる所であり、融資の対象となることができるのです。

 

銀行の審査は基準が厳しい

銀行カードローンなら多くの人が利用できる可能性はありますが、ただし銀行は低金利で融資をしているため貸倒れを防ぐ必要性が高くなり、審査の基準を厳しくしているというデメリットもあるのです。

 

そのため実際には銀行カードローンは敷居が高いということで申込みしにくいと感じている人も多く、結局は消費者金融で申込みすることにする人もいるようです。

 

また銀行カードローンには一定の年収以上の人しか申込みできない商品もあります。このようなカードローンなら低金利で借金できますが、年収が少ない場合には利用できません。

 

消費者金融が利用できる人とは

消費者金融が利用できる人は総量規制という法律があるためにある程度限られているんです。

  • 社会人や公務員
  • パートやアルバイトをしているフリーター
  • 収入のある主婦
  • 20歳以上のアルバイトをしている学生

上記の人なら消費者金融は借金できる所となり、融資の対象となることができます。

 

また銀行では利用可能となっている年金受給者の利用については、年金という安定した収入があるため消費者金融によっては利用可能な場合もあるでしょう。

 

消費者金融で借金可能な金額は年収の1/3以下まで

消費者金融で融資の対象となれる人であっても、利用できる金額は全ての消費者金融の借入総額が年収の1/3以下である必要があるのです。

 

これは総量規制によって決められているルールであるため、どこの消費者金融を利用する場合であっても同様の条件となっています。

 

無職だと金融機関では借金できる所はない

無職の人が金融機関で借金する所は基本的にはないと言えます。

 

金融機関では毎月安定した収入のある人にしかお金を貸すことができないため、無職の場合には融資の対象から外れてしまうのです。

 

無職の人が借金できる所は以下のようになっています。

  • 親や親戚・友達
  • 国や行政機関

無職の人が借金できる所は上記の2つ位であり、審査を必要としない借金ということになるでしょう。

 

それでも金融機関から借金したい場合には、アルバイトやパートをするしかないと言えます。

 

また無職でなくなれば、勤め先の会社から借金することも可能になるでしょう。

 

働くことで一定の収入を得ることができるため生活も安定しますし、金融機関から借金する方法でお金の不足を補てんすることも可能になるので、良いこと尽くめと言えるでしょう。