無職でも借金したい所とは?

無職とはニートとも言われていますが、アルバイトもパートもしていない状態を指す言葉ですよね。

 

無職となっている理由については働きたくないというだけでなく、働きたくても仕事が見つからないということもあるでしょう。

 

無職であっても定職に就いている人と同じように生活やそれ以外の理由によりお金が必要になることもありますよね。

 

そんな時にはどこかで借金したいと考えることもあるでしょう。その際に借入先として思い浮かぶのは以下のようなところかも知れませんね。

  • 親や身内
  • 銀行や消費者金融

上記の中で国や親・身内ならば審査なしで借金することが可能ですが、銀行や消費者金融から借金したい場合には、借入れの申込後に実施される審査を避けて通ることはできません。

 

【参考:無職の人がお金貸して下さいというのは無理

 

無職でも銀行や消費者金融から借金する方法とは

銀行や消費者金融などの金融機関で借金したい時、必要となるのは次の2点となります。

  • 20歳以上である
  • 安定した収入がある

金融機関から借金したい時には外せない条件となり、このうちのどちらかを満たすことができない場合、申込み自体できないこともあるのです。

 

そのため無職の人のキャッシングの仕方としてまず初めにするべきことは、アルバイトなどの仕事を探すことが必須となります。

 

決まったアルバイト先があれば、安定した収入があることになり、更に審査で実施される在籍確認をクリアすることも可能になるのです。

 

無職の人がアルバイト以外でも借金可能になる方法はある

金融機関から借金するための条件、安定した収入は毎月一定の収入を得ていることが基本となるため、アルバイトなどの仕事に就いているだけでなく在宅ワークなどで収入がある場合でも利用は可能になります。

 

ただしこの場合には、職業欄に「自営業」と入力する必要があり、自営業の場合には正社員の人に比べて審査が厳しくなる可能性は高いですが、全く無収入の人よりは良い審査結果を期待することができるでしょう。

 

いくら金融機関から借金できなくても闇金の利用はダメ!

どうしても即日借金したい時に無職のために審査が通らないこともあるでしょう。

 

そんな時に頼る先として闇金という選択肢もあると思いますが、闇金の場合には「たった1万円だけ」という気軽な気持ちで借金した積りが、法外な金利のために気付いたら何十万円・何百万円もの金額になっていたということだってあるのです。

 

本当に今日中に借金したい時、安全な金融機関に頼る事ができない場合には親や身内、できることなら友人から借金するのがおすすめと言えるでしょう。

 

借金の仕方おすすめ