借金する時に返済する方法も考えておくのは大事!

金融機関から借金したい時には、借金する方法について知りたいと思いますよね。
それには以下のようなことを考えることでしょう。

  • 借入先や金利
  • 借入金額
  • 申込み手続きの手順
  • 最短でいつ借金できるか

このようなことは金融機関から借金するために当然考えることであり、最も関心の高いことでもありますよね。

 

確かにお金が不足して困っている時には借金することしか考えられなくなってしまうものですが、実は返済する方法についても借金と同時に考えておく必要があるでしょう。

 

借金する時に返済する方法も考えておくのは大事であり、計画的に返済することで余計な利息を支払わずに済むことや借り過ぎの防止にもなるのです。

 

借金したお金の返済計画はシミュレーションの利用がおすすめ

借金したお金を返済する方法を考えるなら、返済計画を立てることがおすすめとなります。そして返済計画を立てるなら返済シミュレーションの利用が便利です。

 

返済シミュレーションに入力する項目はとても少ないので、面倒と感じている人でもストレスなく返済計画を立てることができるでしょう。

 

返済シミュレーションの利用方法

多くのカードローンサービスではホームページに返済シミュレーションが用意されています。その中でも大手では次のような2種類の返済シミュレーションを利用することができるようになっているんです。

  • 毎月の返済金額を決める方法
  • 返済期間を決める方法

上記の2つの方法はそれぞれに返済期間と毎月の返済金額が関係しているため、結局は同様の結果が出ることになりますが、それでもいつまで返済したいのか、毎月どの位の金額なら返済できるのかという2つのパターンで返済計画を立てることができるため便利です。

 

また中にはそれとは別に借入可能額シミュレーションが利用できるキャッシングサービスもあります。毎月の返済金額と返済期間を入力することで借入可能額を算出することができるため、このようなサービスがあれば利用してみると良いでしょう。

 

返済に遅れると金利以外の利息が発生する!

大手の銀行や消費者金融の返済は毎月の返済期日が決められています。それでも時には返済日を忘れてしまった、返済するお金が足りないということもあるでしょう。

 

返済期日に返済が間に合わなかった時には、遅延損害金が発生します。それぞれのキャッシングサービスにより利率は異なっていますが、通常の金利よりも少し高めの設定となっている場合が多いんです。

 

遅延損害金は通常支払うべき金利とは別に発生しますので、例えば1カ月返済が遅れた場合、通常の2倍以上の金利を支払うことになってしまうため、返済の遅れには充分な注意が必要になります。

 

長期の延滞では信用情報にキズが付くことも

返済の遅れによる影響は遅延損害金の発生だけではありません。3か月以上の返済の延滞は個人信用情報センターで事故情報として登録される可能性が高くなるのです。

 

一度返済の延滞が登録されてしまうと1年〜5年の間は審査が通り難くなってしまうので、返済計画をきちんと立てることはとても重要となってくるのです。