サラ金や闇金は危ない金融業者?

毎日生活していると至急借金したいということも時にはあるでしょう。その際に、銀行や大手の消費者金融だと審査が厳しいのではないかと考え、審査の緩いサラ金や闇金に借りようかと思う人もいると思います。

 

それではサラ金や闇金とはどんな金融機関なのでしょうか。
また消費者金融として同じ位置づけとなっている大手の消費者金融とはどう違うのでしょうか。

 

サラ金とはどんな金融機関?

サラ金という言葉に悪いイメージを感じる人は少なくないと思います。それは昔のサラ金が利息制限法の上限を超える金利で融資をしていたことが大きな要因となっているのかも知れません。

 

また取り立てについても今よりも厳しい傾向にあったことから、同様に危ない金融機関という固定のイメージが付いてしまっているのでしょうね。

 

それでもサラ金には以下の3つのキャッシングサービスが含まれているのです。

  • 大手消費者金融
  • 街金(中堅消費者金融)
  • 闇金

この中で悪いイメージで呼ばれるサラ金と同列にあるのは闇金だけであり、大手や中堅の消費者金融は貸金業の正規登録が済んでいる法律に則った融資をしている金融機関なのです。

 

安全なサラ金とはこんなサービス

サラ金と消費者金融の意味は同じですが、即日融資という謳い文句などの危険な闇金を除くならば大手と街金が安全なサラ金ということになります。

 

どちらも法外な金利を取られる心配はありませんし、返済が遅れた場合にも怖い人が家にまでやってくるような取り立てはしていません。

 

ただし同じ安全なサラ金であっても大手と街金では知名度や信頼度、サービスの内容や規模が大きく異なっているのです。

 

特に大手消費者金融では最短30分での審査回答、融資までは最短1時間というスピード感のある対応をしてくれる他、コンビニのATMからのキャッシングの仕方も用意されている便利な金融機関となっています。
(関連記事→即日融資も可能なサラ金について

 

闇金で借金するのは絶対にダメ!

闇金は正規登録の金融業者ではありません。もちろんホームページでは闇金であることがバレないように嘘の登録番号を表示し、審査なしでカンタンに借金できることをアピールしています。

 

本当に今すぐ借金したい時に正規登録している消費者金融の審査に不安がある場合、このようなページを見ればつい闇金に頼りたくなってしまうこともあるでしょう。

 

増してやブラックになっていたり審査に通るか心配な場合には、審査なしで貸してくれる金融業者はどの正規登録のキャッシングサービスよりも頼れる存在に感じてしまうと思います。

 

それでも闇金で借金したいと思ったことを後悔する人はとても多く、こういった金融業者に頼るのは絶対にダメと言えるんです。

 

闇金とはこんな金融業者

闇金と言うとテレビドラマやコミックでも取り上げられているため、「大体こんな金融業者」というイメージを持っている人は多いでしょう。

 

もちろんこのような金融業者もあるのですが、中には一見闇金とは思えないような悪徳業者もあるのです。

 

例えばキャッシングサービスのホームページやチラシなどで次のような言葉を見たことがあるかも知れません。

  • 安心の低金利!
  • ブラックでもOK!

この中のどちらかの言葉を金融機関のサイトやチラシなどで見つけたならば、それは闇金であると判断して良いでしょう。

 

闇金から借金するとどうなる?

闇金の甘い言葉につい安心して借金してしまうことで大きな影響を受けることもあります。

  • トイチ(10日に1割)などの法外な金利で借金が一気に膨らむ
  • 法外な取り立てに遭う

上記のような予想外のトラブルに巻き込まれることも多いので、闇金で借金するのは絶対におすすめできません。

 

金利や取立ての方法は法律できちんと決められていて、正規登録の銀行や消費者金融はこれをしっかり守っているのに対し、闇金では全ての法律を無視しています。

 

そのため本来ならば法律で決められている金利は最高でも20%となるところが、闇金では10日で10%、30日間で30%の金利を取られることもあり、最近では更にトサン(10日で30%)、トゴ(10日で50%)という闇金も多くなっているのです。

 

このような金融業者でお金を借りた場合、利息の支払いに追われ、払えない時には借金が一気に膨らむことにもなります。

 

また、闇金の取り立てはテレビドラマで見るようなことが実際に行われている他、本人だけでなく家族にも請求をするなど、周りの人も不幸にしてしまうこともあるのです。