オトクな金利で借金する方法とは?

今すぐカードローンから借金したいという時でも気になるのは金利ですよね。どんなにお金が不足していて困っている時でも、カンタンに借りれるという理由だけで闇金から借金する訳にはいきません。

 

また安心してキャッシングできる金融機関であっても、少しでも低金利で借りたいと思うものでしょう。

 

オトクな金利で借金する方法には次のようなことが考えられます。

  • 金利の低い金融機関を利用する
  • 無利息期間のある金融機関を利用する
  • おまとめローンを利用する

このような金融機関やサービスを利用することで、少しでも支払う利息を少なくすることが可能になるのです。

 

金利の低い金融機関とは

少しでも支払う利息を少なくしたいなら、金利の低い金融機関から借金することがおすすめとなります。

  • 銀行:4.0%〜14%
  • 大手消費者金融:4.5%〜18%
  • 街金(中堅消費者金融):5%〜20%
  • 闇金:20%以上

利息制限法により借金したい金額に応じた上限金利が決められているのですが、闇金以外はこの範囲を超えることはありません。

 

ですが金利のみを見るならば、上記のように銀行が最も低金利となりますが、今すぐ借金したいという緊急な時には審査や融資までのスピードが速いという理由で銀行よりも消費者金融で借金する方がおすすめとなります。

 

無利息期間のある金融機関とは

銀行は確かに低金利で借金できる金融機関ですが、それでも金利は0%ではありませんよね。

 

大手消費者金融には一定期間なら初回の利用のみ金利0%となる無利息期間があるサービスもあるんです。また無利息期間は一部の銀行にもあります。

  • プロミス(30日間無利息、ただしメールアドレスの登録とWEB明細の利用が条件)
  • アコム(30日間無利息、ただし35日ごとの返済が条件)
  • アイフル(30日間無利息)
  • ノーローン(1週間無利息)
  • 新生銀行カードローン レイク(30日間・5万円まで180日間無利息)
  • ジャパンネット銀行 ネットキャッシング(30日間無利息)

上記の金融機関で借金するなら利息0円で利用できる期間があるため、その間ならばどんな低金利の銀行カードローンよりもオトクな金利と言えるでしょう。

 

無利息サービス利用中の返済に注意

無利息サービスが利用できる金融機関で借金する場合、特に返済の遅れに注意する必要があります。

 

返済の遅延があると無利息サービスはその時点で終了となり、翌日以降は通常の金利が付くことになります。このようなことになると無利息サービスのあるところで借金する意味がなくなってしまうので、普段ももちろんそうですが無利息期間中は特に返済日に注意が必要ですね。

 

おまとめローンの利用で金利と返済期間を少なく

低金利で借金する方法には、初めから少なめの金利となっているところや無利息期間のあるところを利用するだけでなく、おまとめローンの利用をするというやり方もあるのです。

 

初めてキャッシングを利用する時には無縁となりますが、既にいくつかのキャッシングサービスで借金があるという場合、おまとめローンの利用はおすすめとなります。

 

おまとめローンの利用によるメリットを具体的に説明するとこのようになります。

  • 今よりも金利を安くできる
  • 返済を月1回にすることができる
  • 毎月の返済額を減らすことが可能になる

今の金利より低金利のローンに借り換えしたい、いくつもある返済日の管理が面倒、返済額が多くて毎月家計が苦しいなどの時におまとめローンは便利です。

 

おまとめローンの金利が安くなるワケとは

おまとめローンの金利は通常のカードローンとほぼ同じです。
それでもおまとめローンの利用で金利がオトクになる理由は借金の一本化にあります。

 

金利は借入限度額や借入残高により決まり、より多くの金額を借りるほど金利は低くなる仕組みとなっているのです。

 

例えば2つの消費者金融のカードローンで50万円ずつ借金している場合、それぞれに18%の金利を支払っていることになります。

 

この2つの借金を1つにまとめることで借金の金額は100万円となり、利息制限法により金利は15%以下となるのです。

 

このことにより別々に50万円借りている場合よりも借金を一本化することで、3%の利息を節約することができます。

 

 

借金したい.biz TOPへ